保育士、幼稚園教諭をめざす保育の専門学校日本児童教育専門学校

  • 受験生の方へ
  • 高1・2年生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 高校の先生へ
  • 学校案内
  • 学科案内
  • 入試・入学案内
  • 就職・資格
  • キャンパスライフ
  • オープンキャンパス

保育士、幼稚園教諭をめざす保育の専門学校日本児童教育専門学校

MENU
アクセス
TEL
  1. ホーム>
  2. ニュース一覧

NEWS

NEWS

日本児童教育専門学校NEWS
日本児童教育専門学校NEWS

【児教専の読み物⑪】保育士の6S・3K・3D(前編)

(2017年2月26日 19:11)

こんにちは。日本児童教育専門学校の鈴木です。

 

今回のブログでは、“保育士”に焦点を当ててお話しをさせて頂きます。

 

 

保育士さんの印象としては、“いつも明るく笑顔いっぱいで子どもたちに接している”

といった感じですよね。

泣いている子どもがいれば励ましたり、怒っている子どもがいればなだめてあげたりと、

それこそ太陽のような存在です。

 

ただそんな保育士さんも私たちと同じように体が疲れていたり、日々悩むこともあろう

かと思います。

 

にもかかわらず、毎日子どもたちに対して全力で接する保育士さんは、どのように自己

管理をしているのか、本校実習担当の先生にお話しを聞いてみました。

 

やはり、保育士さんにとって自己管理というのは非常に大切なようです。

 

保育士さんに限らず、自分自身が疲れていた問題を抱えていると、周囲との関わりや

仕事・勉強にも支障をきたします。

 

特に小さな子どもを受け入れる存在である保育士さんにとって、自身のコンディションを

維持し続けるというのは、とても重要になってきます。

 

とは言え、いつでも“レシーバー”として子どもたちを受け入れ、子どもたちに幸せな時間を

“与え続ける”保育士さんは、徐々に心身ともに“枯れて”きてしまいます。

 

そんな疲れた保育士さんは、睡眠・食事・プライベートを充実させることで、そこから

新たなエネルギーを充電できるようになります。

 

加えて、子どもだけでなく様々な立場の人たちと接する機会のある保育士さんは、自己

管理の一環として“6S・3K・3D”のチェックを徹底しておこなっています。

 

まず“6S”とは、

 

①清潔(健康管理、身だしなみ)

②整理(いらないものを捨てる)

③整頓(身の回りのものが片付いている)

④掃除(自分の部屋だけでなく、目の届かないところまで)

⑤躾(挨拶、敬語を使う等基本的なマナー)

⑥締め切り(期限を守る)

 

といった項目になります。

 

ここまでは保育の現場だけでなく、一般企業でも言われていることですが、保育士さんは

加えて“3K”+“3D”にも気をつけています。

 

~次回に続く~

 

 

日本児童教育専門学校では、保育の現場で使える遊びや知識を学ぶだけでなく、今の保育

教育に至った時代背景や意味についても、多く学べる機会があります。

 

本校のオープンキャンパスでは、現場を第一に考えた本校の魅力を感じ頂くことができ

ますので、ぜひご参加ください。

 

▼来校のご予約はコチラ▼

HPから今すぐ予約

 

▼お電話でのお問合せはコチラ▼

日本児童教育専門学校

入学担当

03-3207-5311

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
  • お問合せお問合せ
  • TOPへ戻るTOPへ戻る

日本児童教育専門学校〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-15 
TEL 03-3207-5311

  • 敬心学園
  • 日本福祉教育専門学校
  • 日本リハビリテーション専門学校
  • 臨床福祉専門学校
  • 日本医学柔整鍼灸専門学校
  • 敬心ゆめ保育園