保育士、幼稚園教諭をめざす保育の専門学校日本児童教育専門学校

  • 受験生の方へ
  • 高1・2年生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 高校の先生へ
  • 学校案内
  • 学科案内
  • 入試・入学案内
  • 就職・資格
  • キャンパスライフ
  • オープンキャンパス

保育士、幼稚園教諭をめざす保育の専門学校日本児童教育専門学校

MENU
アクセス
TEL
  1. ホーム>
  2. ニュース一覧

NEWS

NEWS

日本児童教育専門学校NEWS
日本児童教育専門学校NEWS

【児教専の実習ばなし①】実習日誌で一番はじめに書く”〇〇”って?~Part3~

(2018年2月18日 11:31)

こんにちは。

日本児童教育専門学校 鈴木です。

 

今回のブログも前回に引き続き、

実習日誌で一番はじめに書く”〇〇”って?

についてとなります。

 

 

前回のお話しでは、

「実習日誌で最初に書く内容が挨拶であり、現場おいて

日々の挨拶は非常に重要です。」

とお伝えしました。

 

そのうえで今回は、

・挨拶がどうして大切なのか

・そもそも挨拶はどのように始まったのか

についてお話しを進めていきます^^

 

 

 まず初めに”おはようについてですが、語源としては

諸説あります。

その中の一つとして、昔は朝も暗いうちから農作業を

していた農民同士が相手を確認するために、

「お前もお日様より早く起きて仕事をしているんだね。」

おはよう

と言っていたことが語源だという説があります。

 

加えて”こんにちは”については、読んで字のごとく、

”今日は(きょうは)”の音読みで、そもそもはその後に

まだ言葉が続いていました。

例えば、

こんにちは、ご機嫌いかがですか?」

こんにちは、とても寒いですね」

こんにちは、お元気ですか」

といったように、相手のことをおもんぱかるような言葉が

添えられていました。

 

 最後は”さようなら”ですが、この語源は”左様ならば”から

きていると伝えられています。

”左様ならば”という言葉は物事を”肯定”する意味で使われて

いた言葉で、例えば現代の保育園での先生と子どもたちの

やり取りで置き換えてみると、

「先生、さようなら!

「先生、今日の保育園の遊びは楽しかったよ!

「〇〇くん、さようなら

そうですね、明日もまってるよ

といった感じになります。

 

このように「おはよう」「こんにちは」「さようなら」

日々の生活の中で多く使われる言葉で、人同士が互いに

コミュニケーションをとる上でも大切な行為です。

 

もともと”挨拶”という言葉は、

「挨(押す)拶(迫る)

→「押し合う

という言葉をあらわしており、

心を開いて接する

という意味になります。 

 

現場では、

自分の気持ちを開いて、相手の気持ちを受け入れる

ことのできる保育者を強く求めており、それができて

いるかどうかがすぐわかる”挨拶”がとても重要だと

考えられています。

 

そのため、実習日誌に書く最初の内容も”挨拶”になると

いうわけです。

 

ここまで3回に渡ってお伝えしてきた

実習日誌で一番はじめに書く”〇〇”って?

〇〇に当てはまる”挨拶”

私たちが普段なにげなくしているしている行為ですが、

保育の現場ではこんなに重要だと考えられているんですね。

 

~おわり~

 

 

私たちの学校では、実習関連の授業に加え、

保育現場で役立つ学び

を授業に積極的に取り入れています。

 

そんな本校の魅力を、ぜひオープンキャンパスなどで

体感してください^^

 

オープンキャンパスのご予約はコチラ▼

今からHPから予約

 

<お電話でのご相談も受け付けております♪>

日本児童教育専門学校

入学担当

03-3207-5311

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
  • お問合せお問合せ
  • TOPへ戻るTOPへ戻る

日本児童教育専門学校〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-15 
TEL 03-3207-5311

  • 敬心学園
  • 日本福祉教育専門学校
  • 日本リハビリテーション専門学校
  • 臨床福祉専門学校
  • 日本医学柔整鍼灸専門学校
  • 敬心ゆめ保育園