ニュース

◆なぜ14:30に授業が終わるの・・?

2018年4月12日 16:00

こんにちは。

日本児童教育専門学校です。

 

本日は、本校の特長である「14:30に授業が終わる」にまつわる

3つのこだわりについてお話しします!

 

①集中して学んで欲しいから14:30

ある曜日では2時間目が空いていたり、

また別の曜日では4時間目が空いて5時間目に授業があったりと、

空きコマができてしまうことで、ムダな時間を押しつけないよう、

学生たちの目線に立って時間割を作りました。

 

また、3時間目(14:30)までに授業をギュっと詰めているので、

集中力を保ちながら学ぶことができます!

 

②あなたの時間を有効に使ってほしいから14:30

毎日必ず14:30に終わるから、その後の時間を計画的に使えます♪

サークルで友だちと交流を深めたり、

地域のボランティアに参加して

社会経験を積んだりできます。

 

“学生の街”である高田馬場新宿に近く、

原宿渋谷などへもアクセスが良いため、

アルバイトやショッピングにも好立地です。

 

また、14:30以降の4時間目にあたる時間に、

「オープン科目」を設置していることも本校の特長です。

保育の世界で役立つ独特な学びや、より専門性を深める学びを用意しております★

オープン科目の詳しい紹介はコチラ

 

授業だけにとどまらない、「じぶんらしさ」を育みましょう!

 

 

③コレが一番大事!!こどもの現場が14:30に終わるから!

本校の理念は、実際の現場で求められる学びを行うこと!

みなさんが卒業後に働くこどもの現場で、例えば幼稚園の場合は

基本的には14:30に終わります。

 

実際に働く現場の生活リズムを想定して、学生時代から同じ時間に集中力が発揮できるよう

14:30に授業が終わるのです★

 

 ー 14:30に終わるけど、授業内容は大丈夫なの・・?

 ー 現場で活躍できる保育士になれるの・・?

そう思われる方も心配ございません!!

 

本校は厚生労働省から指定されている保育士の養成施設であり、

卒業と同時に保育士の資格が取得できます★

 

本校に入学すれば、保育士の国家試験を受ける必要はございません!

 

それだけ、授業の中身もしっかり詰まっているのです!!

時間割も授業の中身もギュッと詰まった本校で、保育の楽しさを学びましょう♪

 

☆この記事を読んだ方によく読まれている記事☆

◆長く現場で活躍できる”3年間”

◆児教専にしかない学び “マンスリーキッズプログラム”を徹底解説!

◆卒業生と語ろう☆現場で役に立つ本校の学び

 

こんなこだわりを持つ本校をのぞいてみませんか?

▶︎▶︎オープンキャンパスの中身をみてみたい!

 

まずは無料資料請求という方はコチラから♪

 

日本児童教育専門学校へ入学をご検討の方、資料請求・お問い合わせ

日本児童教育専門学校nihonjidokyoiku vocational college

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-15

03-3207-5311