ニュース

児教専の保育実習の不安をなくす学び①

2018年12月06日 15:21

こんにちは。日本児童教育専門学校です。

 

卒業と同時に保育の資格を取れる養成校に通おうと思った時、

 

「実習ってどんなものなんだろう?」

「保育の知識がまったくないけど、大丈夫かな?」

「せっかく勉強しても実習で失敗したらどうしよう?」

 

なんて思ったりしませんか?

 

 

実際に私たちの学校に学校見学でいらっしゃる方も、よく

実習のことを心配されています。

 

なかなか保育の現場や実習ってどうなっているのか、

イメージするのは難しいですよね?

 

私たちの学校では、そんな実習への不安や心配をお持ちの方でも

自信をもって実習に臨めるように、オリジナルの実習前教育を

行っています。

 

具体的な実習前授業の流れとしては、

 

  1. まず現場にふれながら保育の現場を“体感”して
  2. 保育のボランティア活動を目標とした準備、
  3. また活動を通しての課題発見などの現場での“体験”をし、
  4. 実習前の最後の準備としての自己分析や
  5. 既に実習を経験した先輩からの体験談を聞く“体得”

 

と進んでいきます。

 

これらの実習前の取り組みは私たちの学校では特に力を入れており、

保育士になりたいという目標を持った生徒さんをしっかりと

サポートする役割を果たしています。

例えば、実習前の準備としては、急に子どもたちから新しい

遊びを教えて欲しいと言われた時に、その場ですぐにできる手遊びや

折り紙などを授業でたくさん覚えることができます。

 

また保育園で一緒にお仕事をする方々への挨拶の仕方や園での

一般的なルール、それに加えて多くの生徒さんが苦労される日誌の

書き方など、現場で必要とされる知識は一通り身につけることができます。

 

こういった実習前の学びがあることで、

現場に対する自信がついたり、

現場で何かあった場合に対応できることも増えていきます。

 

こうして生徒さんが自信をもって実習に臨めるようになったら、

いざ現場へ出発することになります。

 

ただ学校で色々と学んでいても、現場では想定外の出来事が

起こることもあります。

 

そんなとき、私たちの学校では生徒さんが実習中に何かあった時の為に

独自の“実習指導要綱”を策定しているので、

すぐに生徒さんが問題なく実習を進められるようになっています。

 

~“その内容とは?次回に続く~

 

日本児童教育専門学校では、今週8日(土)に、

「絵画の体験授業」

を開催致します♪

 

子どもたちが興味をもって楽しめるような絵の描き方をレクチャーします♪

また入試の選択科目にもある”絵画”のコツについてもお伝えします^^

 

ぜひ皆様のご来校をお待ちしています。

 

▶▷イベントのご予約はコチラ◁◀

 

<お電話でのご相談はコチラから>

日本児童教育専門学校

入学担当

03-3207-5311

日本児童教育専門学校へ入学をご検討の方、資料請求・お問い合わせ

日本児童教育専門学校nihonjidokyoiku vocational college

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-15

03-3207-5311