保育士、幼稚園教諭をめざす保育の専門学校日本児童教育専門学校

  • 受験生の方へ
  • 高1・2年生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 高校の先生へ
  • 学校案内
  • 学科案内
  • 入試・入学案内
  • 就職・資格
  • キャンパスライフ
  • オープンキャンパス
  • お役立ちコラム

保育士、幼稚園教諭をめざす保育の専門学校日本児童教育専門学校

MENU
アクセス
TEL

※学費サポート制度を併用すること等によって可能となります。全員が可能となる訳ではありません。

\どうしてゼロ円も可能になるの?!/児教専ならではの3大学費サポート!

\それぞれどういう制度なの?!/児教専ならではの学費サポートを
詳しくチェック!

1 企業型給付金制度1 企業型給付金制度
  • キララサポート

    全額給付

    保育福祉科2年間の学費全額給付

    ※保育士資格取得後、きらら保育園で正社員として
    5年間勤務した場合には、奨学金の全額が返済不要

  • 日本保育サービス奨学生

    最大全額
    給付

    最大で保育福祉科2年間の
    学費全額給付

    ※本校卒業後、保育士としてTKCに最長3年間(給付額による)の勤務をした場合に、奨学金の全額が返済不要。

  • ポピンズスカラシップ

    最大100万円
    給付

    年間最大50万円、
    2年累計100万円まで給付

    ※在学中、ポピンズの契約社員として勤務する意思のある方を対象
    ※保育士資格取得後、ポピンズで正社員として3年間勤務した場合には、奨学金の全額が返済不要

2 学費減免制度2 学費減免制度
  • パートナー企業・団体推薦

    12万円免除
    +教科書無料

    本校の連携企業·団体に勤務·所属している方は、入学金12万円全額と、1年次前期教科書代を免除します。もちろんアルバイト·非常勤も可!

  • 法人・施設長推薦

    10万円免除

    保育所・学童等の保育に関連する仕事をしている方は、入学金から10万円を免除します。
    もちろんアルバイト·非常勤も可!

  • 有資格者優遇制度

    総額最大40万円
    免除

    有資格者対象の学費減免制度です。学費から最大40万円を免除します。

3 保育士修学資金制度3 保育士修学資金制度

保育士修学資金制度

本校に在学する学生を対象に、2年間で最大160万円を給付する制度です。
本校卒業後、お住まいのエリアに5年間継続して保育士業務に従事することを条件に返済が不要になります。
(5年間でエリア内の転職は可能です。)

160万円給付

各行政の詳細ページはこちら
(下記は一例です。)

\実際にどういう収支になっていくの?!/学生のモデルケースを見てみよう!

<モデルケース> 育福祉科 夜間主コース(トワイライトクラス)「H」さん<モデルケース> 育福祉科 夜間主コース(トワイライトクラス)「H」さん

 学校の立地が良く、
自宅や職場まで
アクセスも
抜群!

2 学費減免制度

有資格者
優遇制度

30万円減免

3 保育士修学資金制度

月々5万円
+入学準備金20万円
+就職準備金20万円

1日のタイムスケジュール1日のタイムスケジュール

タイムスケジュールタイムスケジュール
収支表収支表
<モデルケース> 保育福祉科 夜間主コース(土曜クラス)「I」さん<モデルケース> 保育福祉科 夜間主コース(土曜クラス)「I」さん

学費と生活費の
サポートだけでなく
就職先も
決められる!

1 企業型給付金制度

ポピンズスカラシップ

月々4万円給付

2 学費減免制度

パートナー企業・
団体推薦

入学金12万円免除
+授業料3万円

1日のタイムスケジュール1日のタイムスケジュール

タイムスケジュールタイムスケジュール
収支表収支表

\支払いのタイミングはどうなるの?!/学費は月々の分割が可能です!!

\わからないことや不安なことはまずチェック/Q&Aでギモンを解決しておこう!

  • 「学費ゼロ」は本当に
    可能なのですか?

    保育士修学資金貸付制度と企業給付金制度を組み合わせたり、キララサポート(面談や作文課題、卒業後5年間提供企業の園に勤める等の条件がございます)を適用したりすることで、可能となります!

  • 各学費サポートの併用は
    できますか?

    基本的には併用可能です。ただ、保育士修学資金貸付制度と東京都育英資金の併用はできません。また、保育士修学資金貸付制度と日本学生支援機構とを併用することによって貸付される金額に制限が出るケース等もございます。

  • 学費の分納はできますか?

    はい、可能です。基本的には2分割・4分割まで受け付けております。ただ、条件により分納回数を増やせるケースや、分納金を等分割にせず月によって変動させられるケースもございます。

  • どういった手順で
    申し込めば良いですか?

    本校に入学を決めたあと、本校がご案内する企業に直接お問合せいただくケースと、本校が申込窓口となるケースがございます。

  • 現時点でまとまったお金が
    なくても大丈夫でしょうか?

    在校生の実際のケースをご紹介し、どの学費サポートをどう利用するのが一番適切かシミュレーションも行いますので、詳細はぜひ個別相談会でお話しさせてください。

COPYRIGHT © JAPAN JUVENILE EDUCATION COLLEGE All rights reserved.