東京で保育士、幼稚園教諭をめざす保育の専門学校日本児童教育専門学校

  • 受験生の方へ
  • 高1・2年生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 高校の先生へ
  • 学校案内
  • 学科案内
  • 入試・入学案内
  • 就職・資格
  • キャンパスライフ
  • オープンキャンパス
  • お役立ちコラム

東京で保育士、幼稚園教諭をめざす保育の専門学校日本児童教育専門学校

MENU
アクセス
TEL
  1. 児童教育専門学校TOP>
  2. コラム一覧>
  3. 保育士がとりたい資格「絵本専門士」について!人気の4つのメリット

column

column

日本児童教育専門学校コラム
日本児童教育専門学校コラム

保育の豆知識

保育士がとりたい資格「絵本専門士」について!人気の4つのメリット

2019年4月05日 8:30

保育士がとりたい資格「絵本専門士」について!人気の4つのメリット

 

子どもに関係する資格はいくつかありますが、中でも最近注目を集めているのが絵本専門士です。
名前のとおり絵本に関する知識や技術をもつエキスパートの資格ですが、講座では児童福祉や児童心理などのスキルも学べる事から、保育士としてステップアップしたい方が取得を目指すケースが増えています。

ここでは、絵本専門士の基礎知識を含め、メリットや資格を取得する方法など、気になる情報をまとめてみました。

 

絵本と子どものエキスパート「絵本専門士」をご存知ですか?基礎知識と必要な能力を紹介

 

 

2014年に設立されたばかりの「絵本専門士」。一体どんな資格なのか、わかりやすく説明します。

 

絵本に関する深い知識と技術を得られる絵本専門士

絵本専門士は、独立行政法人「国立青少年教育振興機構」によって設立された民間資格のひとつです。

子ども達にとって絵本とは、言語力や完成、文脈理解力、物事の理解力、そして豊かな人格形成をもたらす重要なものであるという見解に基づき、絵本の可能性や活用法を広く普及しようという思いから2014年に創設されました。

 

絵本に関する深い知識をもとに、絵本の読み聞かせやおはなし会、ワークショップなど実際に絵本を使った取り組みを行い、子どもや大人の心を豊かにする事を第一の目標に掲げています。

 

絵本専門士にはどんな能力が必要なのか

絵本専門士になるためには、単に絵本に関する知識や読み聞かせの技能だけでなく、幅広いスキルが求められます。

 

具体的には子どもの年齢や状況に合わせて絵本をチョイスする選択力や、子ども達にわかりやすく伝えるための表現力、相手と交流するために必要なコミュニケーション能力など。

 

さらにワークショップの運営に欠かせない指導力や、絵本事業を企画・運営するための企画力など、多彩なスキルを身につけていなければなりません。

絵本専門士の講座ではこうした幅広いスキルを習得するための指導が行われます。

 

仕事からプライベートまで幅広く役立つ!絵本専門士を取得するメリット4つ

絵本専門士の資格を取得すると、保育士としての仕事にはもちろん、プライベートでも役に立つスキルを習得できます。

 

1.子どもの年齢・状況に合った絵本を選べるようになる

絵本は対象年齢や内容がまちまちなので、自分が受け持っているクラスの子達にどんな絵本を読めばいいのか毎回悩んでいるという保育士の方は少なくありません。

絵本専門士になると子どもの年齢や状況に合わせて絵本を選べるようになるため、毎日の読み聞かせの質をアップさせる事ができます。

 

2.子どもの視線を釘付け!読み聞かせが上手になる

飽きっぽい子どもの興味を惹きつけるには、豊かな表現力を駆使して臨場感たっぷりに読み聞かせる事が大切です。

絵本専門士では読み聞かせに必要な表現力をはじめ、音楽やスクリーン、人形などを使って興味をひくテクニックを学べるので、子どもの視線を釘付けにする事ができます。

 

3.自分が親になった時の育児にも役立つ

絵本の読み聞かせは子どもの言語力や理解力、豊かな情緒を養うのに効果的な手段と言われています。

保育士として受け持ちクラスのお子さんの指導に役立つのはもちろんですが、自分が親になった時の育児にも大いに活用できるでしょう。

 

4.絵本の講師になる人も!活躍の場を広げられる

絵本専門士の資格があれば、ワークショップを企画したり、絵本作り事業に参画したりするなど、活躍の場が広がります。

中には教育機関で絵本講師として講義を行っている方もいるようです。

 

どんな講座を受けるの?応募資格は?絵本専門士になる方法

ここまで絵本専門士の魅力を紹介してきましたが、実際に資格を取得するためにはどうすれば良いのでしょうか。

資格取得までの流れや応募資格についてまとめてみました。

 

講座受講から修了課題提出まで!資格取得までの流れ

 

絵本専門士の資格を取得するには、7~8ヵ月間にわたって開講される「絵本専門士養成講座」を受講する必要があります。

受講への応募は1年に1回、例年2月頃に実施されるので、忘れずに申込を行います。

 

実際に講座が開始されるのは6月頃からで、1ヵ月に1回、土日に受講します。

すべての授業が終わった後、絵本専門士に必要な資質や能力を習得しているかどうかを確かめるための修了課題が課せられます。そこで一定の評価を受けられれば絵本専門士として認定され、認定証が交付されます。

 

絵本への知識・経験必須!絵本専門士の応募資格

 

絵本専門士養成講座は誰でも受講できるわけではなく、以下いずれかの資格を満たしている事が条件となります。

 

*子どもや絵本に関連する資格を持っている者

*絵本に関わる実務について、原則3年以上の経験を持つ者

*絵本に関わる活動に携わっていて、原則として3年以上の経験を持つ者

*絵本学や児童文学、美術について研究実績がある者

 

保育士として3年以上の経験がある人なら自動的に応募資格を得られますが、そうでない場合は絵本専門士になるのは難しいようです。

 

まとめ

絵本専門士の資格を取得すると、絵本に関する知識や造詣が深くなり、受け持ちクラスの子どもに適した絵本選びや子どもの興味を惹きつける読み聞かせなど、保育に役立つスキルを磨く事ができます。
自分が親になった時の育児にも役立つので、応募資格を満たしているのなら積極的に取得を目指してみてはいかがでしょうか。

【参考サイト】
http://www.niye.go.jp/services/plan/ehon/yousei.html
https://www.hoikunohikidashi.jp/?p=16762100

 


オープンキャンパスはこちら

 

資料を請求する

  • 資料請求資料請求
  • オープンキャンパスオープンキャンパス
  • お問合せお問合せ
  • TOPへ戻るTOPへ戻る

日本児童教育専門学校〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-15 
TEL 03-3207-5311

  • 敬心学園
  • 日本福祉教育専門学校
  • 日本リハビリテーション専門学校
  • 臨床福祉専門学校
  • 日本医学柔整鍼灸専門学校
  • 敬心ゆめ保育園